人間の体は若返ることはできませんが、たるみを解消し、皮膚をリフトアップさせればより若く見えます。お肌を引き締めることで、必ず人の目に触れることになる顔が、これ以上年を取って見えないようにしましょう。たるみがひどくなった皮膚を、引き締めて元通りの状態にすることによって、見た目の若さを取り戻すことができるようになります。頬のたるみを改善して、フェイスリフトアップを行うには、表情筋の衰えを防ぐことが大切です。体操や、顔ヨガをして顔面の筋肉を刺激することで、表情筋を鍛え、皮膚のたるみを解消する効果を得ることができます。手軽にできるリフトアップエクササイズは、鏡の前で口角をあげ、10秒そのままの姿勢で待ってから、頬を持ち上げようとてみましょう。アから始まって、ワ行の終わりまでをはっきりと口をうけて話すことでも、リフトアップには効果的です。特段かわりない日常生活を送っている時とは、筋肉の使い方が違うので、顔の筋肉がだるくなってきたりもします。大きく口をあけて声を出すようなエクササイズでも、普段は滅多にしない動作なので、表情筋のエクササイズ効果を得ることができるわけです。ペットボトルを用意して、口にくわえて思いっきり息を吸い込み、ペットボトルをへこませ、その後息を吐き出してペットボトルが元に戻るまで膨らませる体操も頬の筋肉には良いとされています。ほっぺたを一旦へこませて、口をすぼめるという動作を30秒ずつ3回行うことも、効果が高いものだと言われています。毎日こつこつとリフトアップのエクササイズを続けることで、徐々に顔を引き締めること可能になります。